山歩き

kaburako.jpg

 
最近、三重県自然環境指導員という大層な名前の役割を頂き、軽い山歩きを月に2回ほど始めた。猛暑の夏も樹木に囲まれた細い参道は暑さを忘れさせる。考えてみれば子供の頃はこのような山道を飛び回っていた事なんかを思い出し、なつかしい風景で、一人で歩いていると異次元の空間に戯れるような不思議な感覚の中に入っていく。

鳥羽市安楽島の半島の突端にある伊射波神社から、加布良古崎まで歩いてみた。伊射波神社は志摩の国の一の宮。玉柱屋姫命と伊射波登美命、雅日女尊、狭依姫命の四柱を祭り、神様が女性のためか縁結びの神として知られ、最近は若いカップルも急な上り坂を登ってお参りに訪れる姿も見かけるようになった。

そして伊射波神社から原生林(岬の先端のせいか樹木はそれほど太くない)が加布良古崎まで続き、木々に囲まれて気持ちのいい遊歩道となっている。長い道程を歩くわけでなく、全体で30分も歩けば行き着ける。心地いい汗と神社の聖域に漂うオーラで生命力を得て下山する。

 

ついでにあらしま朝市の様子も・・・

arashmaasaichi2.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.imikan.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/56

このブログ記事について

このページは、みかん通販・奏耕園が2012年9月13日 20:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鳥羽マリンフェスタ「てるてる市」」です。

次のブログ記事は「ちょっと蒸し暑い夜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。