快晴の立山251004

kurobe.jpg10月3日に大町温泉郷の宿に到着。翌朝6時に出発。扇沢にはすでにたくさんの人が始発のトロリーバスに乗るため待っていた。7時30分トロリーバス出発。15分も走れば黒部ダムに到着した。外に出て紅葉の山が迫ってきて、その景色に圧巻され紅葉のまっただ中に来たことを教えられる。黒部ケーブルカーで急坂を何事もないように上っていく。黒部平からは立山ロープウェイで大観峰へ、そこからトロリーバスで雄山の真下を水平に移動して、乗り物で行ける頂上の室堂ターミナルに到着。当初は一ノ越、体調が良ければ雄山くらいまでは上る予定だったが、あまりの紅葉のすばらしさに、急遽立山高原バスで弥陀ヶ原まで行くことにした。midagahra1.jpgこの決断は間違っていなかった。弥陀ヶ原の紅葉はこれまで観たことのないような色調の大海原となっており、これはどれほどの画家でも再現はできないだろう。大地という巨大なキャンバスに描かれたおとぎの世界は見る者を圧巻して、おそらくこの景色は限られた日数の、しかも天候に恵まれなくてはお目にかかれない一瞬の期間だろう。その場にいることができた幸せに感謝。midagahra2.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.imikan.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/60

このブログ記事について

このページは、みかん通販・奏耕園が2013年10月 7日 19:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デイトリップ武蔵美の描く海女さん」です。

次のブログ記事は「6月の農場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。