6月の農場

2606noujyou.jpg 平成26年の梅雨が始まり農場の草木が滴の重さに枝葉が垂れて、その向こうを見通せないほど埋まっている。生命があふれる6月のみかん農場。朝方には雨が降っているのに今を盛りに小鳥の鳴き声がして目を覚ました。
2606tuyu.jpg 春の草花から夏の草へと移り変わり初めているが、今を盛りのハルジオン(かな?)ムラサキカタバミにはその球根を狙ってかイノシシが穴を掘っている。そしてイネ科の草たちはそろそろ黄色くなって1ヶ月後には枯れて夏の草にその場を譲ることとなる。2606kajitu.jpgみかんの果実も花から1センチほどの小さな実となって、これからの猛暑の中でぐんぐん成長をして、私たちはなりすぎた果実を適当な数にまで減らす摘果作業に明け暮れることとなる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.imikan.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/61

このブログ記事について

このページは、みかん通販・奏耕園が2014年6月 7日 11:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「快晴の立山251004」です。

次のブログ記事は「雷鳥の親子と対面」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。